人間関係

【介護の職場】チームワーク・人間関係が良くなった同僚への声掛け5つ!

介護職のチームワークが良くなる方法

 

職場のチームワークが良くなれば、今よりずっとずっと【介護の仕事がラク】になります

 

この記事で『職場のチームワークは【同僚への5つの声掛け】だけで100%良くすることができる!』と言い切っていますがこれは間違いありません!

僕Jinはこれまでの13年の介護職生活の中で、職場の人間関係でたくさん悩んできました。

特に、上司になってからの方が、職員同士のトラブル情報が多く入ってくる分、『解決するにはどうしたらいいのか?』を悩む機会が一気に増えました…。

 

チームワークが悪いと、忙しい仕事を助け合えない分、一人ひとりの仕事量が確実に増えてストレスが倍増してしまいますよね。

そんな状況のまま、仕事をし続けるのは心身共に毒だり、何より利用者さんへのケアで大切な【笑顔】を作れなくなってしまいます…

 

イヤですよね…。そんな毎日をこれからも続けるのは…。

 

人間関係に悩む介護職

でも大丈夫です。今の職場の状況がつらいなら、この記事に書いてある【同僚への5つの声掛け】をほんの少しづつでいいので始めてみてください。

 

今までと違って、一緒に働いている職員たちの態度・視線が間違いなく変わる事に気付くはずです。

 

では、その理由と介護職のチームワークを良くする職員同士の5つの声掛けついて、この記事で僕の経験をもとにご紹介します。

 

介護職13年を含めた社会人経験が20年以上経った今だからこそ言える、【職場の人間関係・チームワークが良くなる職員同士の5つの声掛け】について、現役介護福祉士である僕JINが、仕事経験・実体験をもとに投稿しています。

介護職に降りかかる様々なストレスを可能な限り減らしていく】事をテーマに記事を書いています。

 

▼詳しい経歴やプロフィールはこちら!
JINの自己紹介

 

介護の職場のチームワーク・人間関係が良くなると【利用者さんの笑顔】が確実に増える!

高齢者笑顔

 

僕は施設介護の職場で13年の経験がありますが、そんな僕が『介護の職場で一番大切』だと言い切れるのが!

職場の【チームワーク・人間関係】です!

 

職場のチームワーク・人間関係が良くなると、こんな変化が起こります。

↓     ↓      ↓

チームワークが改善!介護の職場の5つの変化

大変な毎日だけど職員同士で助け合える

助け合える職場だと、介護職員の『心に余裕』が生まれる

職員の『笑顔』が増え、不安が多い利用者さんたちにも『笑顔』が増える!

介護職としての『やりがい・楽しさ』を感じられる機会が増える

職員からはもちろん、利用者さんからも『感謝』される機会が増える事で、【自分のものさし(価値観)】みたいなものが確実に変わる!!

 

あなたも【この5つの変化】を自分の職場で当てはめて、ちょっとだけ想像してみてください。

 

介護士
介護士
どうせ変わらないし…そんなの無駄!

介護士
介護士
いくら主任に言ったって変わらない…そんなの無理!

 

わかります!たしかに、上司、主任、リーダーの意識が大きく変わらないとチームワークは変わらないかもしれませんが、上司を含め他人を変えることはとっても難しいです!(ほとんどの悩みの元凶がこの悩み…)

でも、この記事をこの部分まで読んでくれているあなたは、心のどこかで『今の現状を何とかしたい!』と考えているという事。

だからこそ、最初はちょっと大変だけど『自分から一緒に働く職員への声掛け』を少しづつ変えてみてください。

 

介護の仕事の【やりがい】を感じるようになるのと同時に【職場のチームワーク・雰囲気】が確実に100%変化します!

 

それでは、どんな声掛けなのか見ていきましょう!

 

介護の職場の人間関係・チームワークが確実に良くなる5つの声掛け!

 

この介護職チームワークアップ5つの声掛けについては、インスタでも投稿しています。

 

【Instagramの投稿】

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【介護の職場のチームワークが良くなった5つの声掛け】 職場のチームワーク・人間関係が悪かった時、心身共にズタボロな毎日でした。 職場の環境や・上司・ニガテな職員の不満や愚痴・文句を言っても何も変わらないし、そんな自分の事もどんどんイヤになり、利用者さんにも優しくできない時期がありました。 そんな時ふと目にした『アルフレッド・アドラー』の名言(ブログ内で紹介)をキッカケにして、そんな自分から脱却しようと決めました。 一緒に働く同僚、仲間に意識的に始めた『声掛け』がこの5つの声掛けです。 インスタ の投稿では書き切れなかった内容はブログに書きました! #介護職のチームワーク #チームワーク #職場の人間関係 #介護 #介護士 #介護福祉士 #介護職 #特養 #特別養護老人ホーム #介護職員 #介護士さんと繋がりたい #介護の仕事 #介護士あるある #介護福祉士さんと繋がりたい #介護職の人と繋がりたい #介護士と繋がりたい #介護職人間関係 #介護士人間関係 #施設介護

Jin(@kaigo_jin)がシェアした投稿 –

 

 

チームワークが100%アップする5つの声掛け!

  1. 『大丈夫ですか?無理しないでくださいね!』
  2. 『○○さん!次、変わりますよ~!』
  3. 『じゃあ、いっしょにやりましょ!』
  4. 『○○さん、いつもがんばってると思いますよ!』
  5. ※自分への声掛け
    『だれも褒めてくれないけど今日の自分…よく頑張ったよね!(笑)』

 

最後の⑤について『はっ?』と思った職員さんもいるかもしれませんが、とても大切な理由があるので一番最後にお話しします。

 

声かけ①『大丈夫ですか?無理しないでくださいね!』

介護士しんたろう
介護士しんたろう
大丈夫ですか?無理しないでくださいね~!(笑)

 

この声掛けが自然にできるという事は…

『一緒に働く仲間のことをちゃんと見れている』ということ。

 

  • 物品補充などの雑用もちゃんとやってる姿
  • やむを得ない残業で頑張っている姿
  • 突然の利用者対応に取り組む様子

 

このように声かけ相手の仕事ぶりや、抱えている問題や悩みなどを少しでも理解するために必要なのは・・・

 

普段からのちょっとした『雑談』です!

介護士の休憩

 

休憩時間は『スマホ』ばかりで、【雑談コミュニケーション】を自分から取っていないあなたはかなり危険!!

自分の周りの人間関係を自分で悪化させているようなものです。

正直僕もめんどくさい日もあります。だけど、この【どうでもいい雑談会話】をバカにしてはダメです。

自分が少しでも楽しく、負担を分担してラクに仕事をするためにも『雑談コミュニケーション』を少しづつでもいいのでやってみてください^^

 

声かけ②『○○さん!次、変わりますよ~!』

介護福祉士はるか
介護福祉士はるか
○○さん!つぎは変わりますよ~

 

これってシンプルに、言われて『うれしい』気持ちになりません?

 

この声掛けをされると、心理学でいう『返報性の原理(法則)』が相手の気持ちの中に生まれ、『つぎ変わりますよ!』の声掛けをキッカケにして良い連鎖が確実に始まります!

 

介護士あい
介護士あい
文子さん!次私がやっとくので大丈夫ですよ!もう上がってくださいね!

介護士ふみこさん
介護士ふみこさん
ありがとう~!(今度お礼しなきゃ…♪)

 

助け合える職場って、気持ちが全然ラクだし精神的にも身体的にも助かりますよね!!

声かけ③『じゃあ、いっしょにやりましょ!』

介護士たけお
介護士たけお
じゃあ、いっしょにやりましょ!

 

この声掛けも根本にあるのは『フォローし合う気持ち助け合い』です。

 

介護職人間関係
  • ものすごい便失禁
  • 放尿の片づけ
  • 緊急対応のショート利用者さんのお部屋作りやその他準備
  • 残務の処理、やり残したことのフォロー

 

1日の仕事の中では、その気になればたくさんの『フォロー』ができます。

 

この声掛けも心理学でいう『返報性の法則』がちょくちょく生まれ、フォローしてくれた職員に対して『好感』が生まれて『お礼しなくちゃ!』という心理状態になります。

 

介護士ともみ
介護士ともみ
リネン貼っときますので、みかさんは記録書いていて大丈夫ですよ!ドタバタで全然書けてないですよね♪

介護士みか
介護士みか
すっごい助かるっ!ありがと~!(今度お礼しなきゃ…♪)

 

こんな会話が増えていく事で、確実に職場の雰囲気は良くなっていきます。

 

 

 

声かけ④『○○さん、いつもがんばってると思いますよ!』

介護職員
介護福祉士しんたろう
介護福祉士しんたろう
○○さんはなんだかんだ言っても、いつも頑張ってるじゃないですか!

 

だれもが持っている不安ストレス不満などに少しでも理解・共感してもらえたらうれしくないですか!?

 

介護職のストレス・不満

  • 給料問題
  • 人間関係
  • 職場の方針・環境
  • 上司の考え
  • 利用者さんの大変な対応
  • 家族への対応
  • プライベート
  • その他

 

だれでもこのような不満やストレスはあると思います。
でも、そんな中でも仕事も子育ても、プライベートもガンバっているのではないでしょうか。

不満や愚痴、文句…たまには本音でこぼしたっていい!

 

僕は少しでも本音交じりで愚痴不満をこぼしてくれた職員さんには、この声掛けを言おうか考え始めます。

 

少しの本音を自分に話してくれたらチャンス!

『○○さんは、何だかんだ言っていつもガンバってますよ!』

 

すこしでも頑張っている自分を理解してもらってることが解るだけで、チームワークの潤滑油になります♪

 

声かけ⑤ 自分を褒める!自分への声掛けが一番大切!!

 

 

 

ん~疲れたぁ~!だれも褒めてくれないけど、今日の『自分』よくがんばった!!

 

疲れたのは頑張った証拠です!

だれも褒めてくれなくても『自分で自分のことを褒める』だけでも実はうれしくなって前向きになれます!

つらくても毎日頑張ってるのなら少しづつでもそんな『自分』を褒めてみませんか?!

 

自分を褒める機会が増えるとどうなる?

①自分を褒めたら自分が好きになる!

②だれかに優しくできる心の余裕が生まれる!

③一緒に働く職員のフォローができるようになる!

④職員から信頼され、好かれる!

⑤利用者さんの抱えるニーズに気付けるようになる!

⑥介護の仕事を選んだ自分に少しづつ自信が生まれ始める!

 

『自分を褒める』機会がちょっとづつ増えていくだけで本当に毎日の景色が『仕事』も『プライベート』も変わります!

 

こんなちょっとした『行動』で自分を褒められる!

 

自分を褒める!ちょっとした頑張り行動!

  • いつもより、丁寧に『オムツ交換』をしてみた。
  • いつもより、休憩中に頑張って他の職員と『雑談』してみた!
  • いつもより、ニガテな職員の『イヤなトコロ』を意識しないようにしてみた!
  • いつもより、ニガテな職員の『いいトコロ』を見るように意識してみた!
  • いつもより、『挨拶』のテンションを上げてみた!
  • 週2で『筋トレ』を始めてみた!
  • 休日の朝に軽い『ジョギング』を始めてみた!
  • 介護の『専門知識の勉強』を寝る前にはじめてみた!
  • いつもより、『利用者さん』のことを考えてみた。

 

こんなちょっとした頑張りをはじめた自分に・・・

 

『今日はよく頑張った!!!』

 

人生の良い時間

 

職員同士のチームワーク作りは自分から!

 

 

ここまで読んでいただいて分かったと思いますが大切なのは、職場環境や上司、同僚次第ではなく、

『自分からの声掛け』でチームワークが良くなることに気付いていただけたかと思います。

 

チームワークが改善!介護の職場の5つの変化

大変な毎日だけど職員同士で助け合える

助け合える職場だと、介護職員の『心に余裕』が生まれる

職員の『笑顔』が増え、不安が多い利用者さんたちにも『笑顔』が増える!

介護職としての『やりがい・楽しさ』を感じられる機会が増える

職員からはもちろん、利用者さんからも『感謝』される機会が増える事で、【自分のものさし(価値観)】みたいなものが確実に変わる!!

 

自分から変わるのって大変だと思います。でも、何もしなければつらい時間が続くだけ。

 

最後に名言をひとつ紹介して終わりにします。

 

介護職に伝えたい名言

健全な人は相手を変えようとせず自分が変わる。不健全な人は相手を操作し変えようとする。

アルフレッド・アドラー

 

 

【コメント欄】ご質問・ご意見はお気軽に^^





メールアドレス・個人情報が公開されることはありません。

必須 お名前(ニックネーム可)

必須 メールアドレス

任意 題名

任意 メッセージ本文

 

 

【Kaigo-jin+】の最新記事・トップページを見てみる!

トップページへ!

 

ABOUT ME
KAIGO-JIN
介護経験13年目の介護福祉士JINです。 所有資格:介護福祉士・介護支援専門員・認知症介護実践者研修修了者。特養勤務のチームリーダー。今までの経験で学んだことや伝えたいことを個人ブログらしく自由に書いてます。詳しい自己紹介はこちら! プロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください